俳優 劇団ペリカン主宰


by nambu-tetsuo

【12月舞台出演します】

d0234648_1894694.jpg

【村松みさきプロデュースvol.7】

『カメレオンの巣箱』

脚本・演出……村松みさき

【日程】
2013年12月18日(水)〜22(日)

12/18(水)19:00
19(木)19:00
20(金)19:00
21(土)14:00/19:00
22(日)12:00/16:00
(全7ステージ)

開場は開演30分前です。

【劇場】
劇場MOMO
(中野駅南口から徒歩約五分)
〒164−0001
東京都中野区中野3−22−8

ポケットスクエア事務所
03−3381−8422
劇場ロビー(公演期間中のみ)
03−5385−9080

【チケット】
前売り券 3200円
当日券 3500円

★グループ割引あり……4名以上でお越しのお客様方は、お一人様ずつ2800円とさせて頂きます。

★全席自由


【上演時間】約1時間50分


【キャスト】

岩井薫子

上田郁代 (劇団BOOGIE★WOOGIE・オフィス ミラクルボックス)

児島功一 (劇団ショーマ・宮津ルーム)

南部哲也

沼田大輔 (FUN PLACE INC.)

平山繁史

村松みさき (村松みさきプロデュース主宰)

山崎るみ

(50音順にて記載)

■■■■■■■■■■■■■

【内容】

―この村は何かがおかしい―

失踪した舞台女優の母を捜しに、娘はとある村にやってきた。

直感だった。この村は母の行方を知っている。
それを隠すことで何か別の、大きな真実を隠そうとしている。

彼らの変質的な部分が明らかにされていけばいくほど、母の失踪事件は核心に近づいていく。

圧倒的倒錯と、過去との交錯のあとに見えてくるものは、もしかしたら誰かの『覚悟』なのかもしれない。



僕もお世話になっている劇団ショーマ、高橋いさをさんが今年8月に演出され、脚本を村松みさきさんが書かれた舞台の当日パンフレットから高橋いさをさんの文章を引用です。
「わたしはこの何年か村松さんに演出をやらせてくれと頼んでいたが、やっとそれが実現したというわけだ。わたしの予想など当てにはならないが、まだ27才の村松さんは、将来、日本の演劇界を牽引しうる人材だとわたしは思う。」
そんな村松みさきの新作戯曲が中野劇場MOMOに登場です☆★

ご予約はブログのコメント(非公開コメントが可能です)で承ります。
お忙しい時期ではございますが、ご来場、心よりお待ち申し上げております!

写メが村松みさきさんです!
[PR]
by nanbu-tetsuya | 2013-11-11 18:09