俳優 劇団ペリカン主宰


by nambu-tetsuo

<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『劇団やりたかった』

本日、劇団名「劇団やりたかった」さんの公演を初めて観劇しました。
主宰者の木下咲希さんとの出合いは去年の秋に新宿を歩いている所、木下さんが路上一人芝居をされていたのがきっかけです。
観劇後の僕の正直な気持ちです。
「芝居って面白いなあ、すげ〜なあ。なんかこの芝居、神がかってるなあ。もっと多くの人にみてもらいたいなあ。」
そんな気持ちになりました。

みた人が心のエネルギーを補給できるお芝居だと思います。
好みはあると思いますが、是非ともお薦めです!!
5月30日(月)までで、下記アドレスから公演情報をみれます。
d0234648_11231404.jpg

[PR]
by nanbu-tetsuya | 2016-05-23 23:54

「突き動かされる」

なんか分からないですが、心の底から凄いエネルギーが湧いてきました。この感覚は人生初です。特に何があった訳ではなく、興奮してる訳でもなく、ただ何かに突き動かされるような、自分の意志というよりは、何かが今までとは違うんです。
自分は自意識過剰で、自分自身を大好きですが、それ以上にこの大いなる力の前では自分というものにあまり興味が湧かないので不思議なものです。
ついに頭いっちゃったとか、思い込みが激しいと言われるかもしれませんが、素直に感じてるものに命を燃やして生きないと悲しくなります。
自分の心の奥の奥にあるもの。
何かと繋がってる感覚・・・

なぜ、こんなに他人の目を気にしていたのだろう。
1度きりの、この肉体の命を完全燃焼します!
やっと人間としてスタートラインに立てた、そんな感じで、
今、感じてる世界の方が僕は圧倒的に好きです。それも皆さんのおかげです、ありがとうございます。
僕は魂は永遠だと思っています。心の底から感じる世界で生きていきます\(^o^)/
あれ、今、家のユニットバスの電球が切れました。きっと電球さんは完全燃焼したんですね。
d0234648_11221337.jpg

[PR]
by nanbu-tetsuya | 2016-05-10 23:46

『ハッピーエンド』

2013年4月に舞台「ハッピーエンド」がありました。親友の大介(現在34歳)のラスト舞台で彼が主宰・脚本・演出・出演でした。
先週その同窓会がありました。
同窓会の開始前に久しぶりに大介と会い2人で飲みました。
彼とは約11年の付き合いですが、僕とタイプが違います。しかし先週は珍しく意見が一致しました。
「何事も次はない。次は何も確約されていない。」そのような考えが一致しました。当たり前な事かもしれませんが、なんか2人が共鳴した時でした。
彼とは何でも腹を割って話せる関係ですが考え方が違う人間でもあり、11年続いてる事にただただ感謝です。
そしてとても久しぶりにX(エックス)をしました。
以下、お食事中の方には申し訳ございません。
Xとはトイレの時に1つの小便器で一緒に用を足すことです。
Xが完成した時、とても美しいと感じました。それは言葉に出来ない2人の感情が交わり1つになるかのように!
大袈裟ではなく、この瞬間が永遠に続いて欲しいとさえ思いました。
シャーと先に大介が出て、なかなか僕が出なくて、やばい大介が止まったらどうしよう。僕は早く出す事に物凄く集中して、やっと出たんです。
シャー
よかったあ、間に合った。そこで完成したX。
僕はこういう瞬間が何よりも嬉しいです!!

それから、皆と集まり同窓会が始まりました。
皆、それぞれの道を歩んでいます。とにかく会えて良かったです!人間のパワーを感じた同窓会でした!

それと写メの白い馬は大介からのプレゼントです(笑)凄く気に入っています(^O^)
劇団ペリカン第2回公演のどこかで登場する予定です。
d0234648_19134133.jpg
d0234648_19140437.jpg
d0234648_19142121.jpg
d0234648_19144011.jpg

[PR]
by nanbu-tetsuya | 2016-05-04 19:12