俳優 劇団ペリカン主宰


by nambu-tetsuo

<   2015年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

みなさま、今年は劇団ペリカン旗揚げ公演を観に来て頂いたり、応援して頂き本当にありがとうございました。
色々な繋がりを感じたり、やさしさにいっぱい触れさせて頂いた一年でした。
劇団員4人、切磋琢磨していきますので来年も何卒よろしくお願いいたします。
南部鉄男
田中達也
上野竜平
上垣内豊
d0234648_23172876.jpg
d0234648_23175701.jpg
d0234648_23181883.jpg
d0234648_23183600.jpg


[PR]
by nanbu-tetsuya | 2015-12-31 23:15

「劇団員 田中達也」

劇団員の田中達也くんが、舞台に出演します。
彼が一番最初の劇団員です。たっちゃんとの出会いは約1年前に舞台観劇後の飲み会の席で隣に座ったのが始まりです。
お互い知らない者同士。
僕は来年、主宰で劇団ペリカン旗揚げ公演をします。と話をしました。
それから楽しく会話をしてました。
2人の前方に座っていた僕の役者の先輩が、たっちゃんに冗談半分本気半分で劇団ペリカンに入ったらと言われました。
そんな事を考えていなかった僕は、びっくりしましたが、それから連絡先を交換して1カ月後にファミレスで話し合いをしました。
僕の想いを伝え、たっちゃんの気持ちを聞き、劇団ペリカンに劇団員が誕生しました。
あの日のファミレスでの会話は不思議でした。
僕が好きな歌手は誰ですか?と聞きました。 
聞いた瞬間、たっちゃんが答える前に「尾崎豊」という言葉が僕の脳内に閃きました。たっちゃんは「尾崎豊」と答えました。
質問すると、たっちゃんが答えを言う前に先に答えが閃く、そんなやり取りが何度かありました。
あの日、2人は興奮していたと思います。未来に燃え物凄く集中していたと思います。 
人間は極限状態で驚くような能力を発揮すると言います。 
あの日だけです。相手が発言してないのに言いたい事がわかったのは。 
きっと相手から発せられる、わずかな波動を感じとったのか?
定かではないですが、とにかく人間は面白いです\(^o^)/
たっちゃんは劇団員最年少の22歳ですが、しっかりしています。僕と一緒にいたら、たっちゃんの方が年上に思われてた事があります。助けられています。

田中達也くんが高校生役の
2016年1月8日〜12日出演舞台。
以下詳細です。
サブテレニアン✖雲の劇団雨蛙
『界境に踊る』
 
作・石原燃
演出・岡田和歌治(雲の劇団雨蛙)
キャスト
今泉惠美子
岩澤繭
平山葉子(溶解マールイ)
丸山桂菜
植村せい
田中達也(劇団ペリカン)
◎2016年1月
8日(金)19:00
9日(土)14:00/19:00
10日(日)14:00/19:00
11日(月)14:00/19:00
12日(火)19:00
※各回30分前開場/アフタートークあり
全席自由席
席に限りが御座います。
御予約は田中達也までお願い致します。https://m.facebook.com/profile.php?id=100006411319049&pn_ref=friends_search&refid=17&ref=bookmarks
◎場所 演劇フリースペース・サブテレニアン(東武東上線大山駅より徒歩10分/都営三田線板橋区役所前駅より徒歩4分)
http://subterranean.jp/access.html
◎チケット 前売 3000円/当日3500円/学生2000円※要学生証
リピーター割2500円

d0234648_09143922.jpg
d0234648_09145338.jpg


[PR]
by nanbu-tetsuya | 2015-12-24 23:10

「音楽」

昨晩、旗揚げ公演の音楽を提供して頂いたRyu Mihoさんのライブに行きました。
Ryuさんの歌声はやさしい気持ちになれるんです。
僕はライブで浄化された感覚です
会場があたたかい空気になっていくんです。
是非、Ryuさんのライブをお勧めします!
http://www.ryu-miho.com/
僕は音楽の事は詳しくないです。
でも改めて思います。
音楽には物凄い力、可能性を感じずにはいられないです!
写真はRyu Mihoさんとピアノの今井亮太郎さんです。
http://ryotaroimai.com/

お二人が奏でる魂を聴けて幸せでした。ありがとうございました!
d0234648_10500068.jpg

[PR]
by nanbu-tetsuya | 2015-12-23 22:48

「新たな劇団員」

旗揚げ公演の出演者、上垣内豊(かみがいと ゆたか)くんが劇団ペリカン劇団員になりました。
写真は旗揚げ公演の時です。


上垣内くんとは出会って約5年位です。
僕と同じ32歳で一時期は役者を辞めて、お台場でカフェの店長として働いていた時期もありました。
2013年の春、彼の役者復帰舞台の時に共演させて頂き、気付いたらいつでも腹を割って話が出来る関係になっていました。
そんなガイトくんが、劇団員になってくれて嬉しいですし、びっくりしています!
もともと劇団員を増やそうという気持ちはないですが、でも劇団員が増えると自分に自覚が生まれます!それは、とてもありがたいです。


ちなみにガイトくん身長が188センチもあります。
大きくて熱い男です!
皆様、上垣内豊くんを、そして劇団員全員で切磋琢磨していきますので劇団ペリカンをよろしくお願いいたします。

d0234648_15202010.jpg
d0234648_15203969.jpg


[PR]
by nanbu-tetsuya | 2015-12-19 12:12

「言葉」

先日、埼玉県でショートムービーの撮影をしました。久しぶりに想い出の地へ行き嬉しかったです。
撮影の待機場所で、パッカーンと心に響く言葉と出逢いました。
「いまが幸せと思わないと 一生幸せになれないよ」
荒了寛さんの日めくりカレンダーの言葉です。
僕にとっては、やっと運命の人に出逢えた感覚です!
言葉の力って凄いなあ!
d0234648_16462402.jpg
d0234648_16464081.jpg

[PR]
by nanbu-tetsuya | 2015-12-14 18:18
劇団ペリカンの3人で初仕事です。
茨城県に撮影に来ています。
3人一緒は嬉しいですね、しっかりやります!
d0234648_09583308.jpg

[PR]
by nanbu-tetsuya | 2015-12-07 09:54

「新劇団員」

竜平くんは旗揚げ公演出演者、田中杏沙さんのご紹介で出演が決まりました。
杏沙さんは、高円寺の「不思議な窓☆優」というエンジェルドッグ&カレー屋さんで、自分が食事をしてた時に、初めて居合わせたお客さんと会話をしてるうちに、出演者さん(杏沙さん)を紹介して頂く流れになりました。
びっくりです!!人との繋がり!!
ありがたい限りです!!

先日、新宿で劇団員3人で話し合いをしました。
そしてお酒を呑み、最後のしめは、たこ焼きでした!
うまいです、たこ焼き!
これからも大切にしていきたい味でした!

皆様、上野竜平くんをよろしくお願いいたします。

d0234648_01375849.jpg
d0234648_01382023.jpg
d0234648_01384360.jpg



[PR]
by nanbu-tetsuya | 2015-12-06 01:36

「球体関節人形」

約1年前に球体関節人形を生まれて初めてみました。清水真理さんの人形です。
うわぁすごい、なんなんだこのパワーは‼
それが最初の気持ちでした。

映画「アリス・イン・ドリームランド」12月19日から新宿K'sシネマにて公開です。

とても楽しみです!



以下、清水真理さんの文章です。

昨年11月からMotionGalleryのクラウドファンディングで準備してきた蜂須賀健太郎監督の映画「アリス・イン・ドリームランド」の公開日程が、12月19日新宿K'sシネマと正式に決定になりました。

こちらは昨年七月に監督から企画をいただき、監督からコンセプトを聞き、ちょうど1年ぐらい前に脚本をいただき、大阪個展が終わった11月後半ぐらいから、脚本に出てくる登場人物約20体を、約3ヶ月くらい集中して制作しました。
ファンディング募集期間には声優さん達によるセリフのアテレコもありました。

物語は、アリスの存在する夢の世界と、それを否定する闇〜現実の世界の対比と闘いを描いています。
アリスは夢の住人達に助けられながら、闇の世界と闘います。

脚本はシンプルなのですが、私はこの脚本に込めた監督の思いを感じました。

本来の世界の在るべき姿は、多様性を許容し、自分とは違う文化を認め、受け入れ協力して助けて行く柔軟性のある〜夢の世界なのですが、他者を認めない、受け入れない、現実の世界が子供の夢の世界を否定し、世界を荒廃させ闇に塗り替えてしまう。少女という純粋な存在であるアリスは果敢にも闇と闘います。

私は昨年から今年にかけての世界情勢や現実の世界にこのストーリーを被せました。
そして、自分なりに多様で自由な世界の住人としての、アリスと仲間たちを人形にしました。

大変有り難い事に、同じ志や理想を目指すクリエイター様達の情熱によって、素晴らしい作品が完成間近となりました。

ぜひ12月に、皆様に映画館でも見ていただければと思います。

d0234648_12563051.jpg
d0234648_12565084.jpg
d0234648_12570415.jpg
d0234648_12572598.jpg
d0234648_12573585.jpg

[PR]
by nanbu-tetsuya | 2015-12-02 12:55
劇団ペリカン旗揚げ公演「新宿さくらんぼ物語」でお世話になりました村松みさきさんが主宰で舞台をされます。僕は12月2日に行きます。

僕も第6回、7回公演に出演させて頂きました。
写メは3年前、第6回公演に出演した時です。
僕の変態性を引き出して頂き、貴重な経験をさせて頂きました。今でも僕の財産になっています。
是非とも、村松みさきさんワールドをご覧になって下さい。
以下詳細です。


村松みさきプロデュース
vol.9

『 金魚の赤い夢 』

脚本・演出…村松みさき

■■■■■■■■■■■■■

■2015年12月2日(水)〜12月6日(日)

12月2日(水)19:30
12月3日(木)19:30
12月4日(金)14時/19:30
12月5日(土)14時/19:30
12月6日(日)15時

全7ステージ

■劇場
劇場HOPE(中野駅、南口から徒歩5分)
〒166−0001
東京都中野区中野3−22−8

■チケット
前売り…3500円
当日…3800円

■全席自由
■開場は開演の30分前です。
■お問い合わせ先
090-8944-9360 

■キャスト (50音順にて記載) 

大嶋麻沙美(三枝プランニング) 
國重直也(JOHNNY TIME/DART'S)
滝川彩乃
松岡未紗(東映マネージメント) 
水戸貴文(合同会社ハルベリーオフィス) 
三宅重信(テアトルアカデミー) 
宮吉康夫(パンチドランカー)
山口篤司
村松みさき(村松みさきプロデュース)

■内容
『芸術家ほど身勝手なやつはいない。ただし、彼らの愛は海より深いんだ』

万博の開催で日本がかつてない高揚感に包まれていた1970年—

多くの芸術家・表現者たちが身を寄せるアパートがあった。

小説家、女優、映画監督、美術モデル……全員、自分の気持ちに素直に行動するヤバいやつらばかり。

しかしその身勝手で屈折した感情表現が、彼らとその周りの人間たちの運命を思わぬ方向に導いていく……

『近づく星の光うるわし』でドラマ21最優秀脚本賞を受賞した村松みさきの書き下ろし最新戯曲・切なくも滑稽な芸術家ファンタジーが登場。

d0234648_15142166.jpg
d0234648_15145237.jpg
d0234648_15150960.jpg



[PR]
by nanbu-tetsuya | 2015-12-01 15:12