俳優 劇団ペリカン主宰


by nambu-tetsuo

『祝島』

去年の夏に東京の酒場で、たまたま横に座った男性と会話をしていて自分の故郷は山口県だと伝えると、山口県といえばハートの形をした祝島が有名だよねと言われました。
恥ずかしいですが僕は祝島の事を知らなくて、東京で故郷の事を知る事になりました。神の島と呼ばれてる祝島に行ってみたいその時、強くそう思いました。
そして今年の正月、帰省した時に家族で祝島に行きました。
あの時、酒場であの方に出会わなければまだ僕は祝島に行ってないと思います。
祝島は瀬戸内海の山口県南東に位置します。船に乗り島に到着しました。
祝島に着くと石と土を積み重ねた練塀が島独特の景観を形成していて、
街の喧噪から離れたこの場所には、なんとも不思議なあたたかい時が流れていました。
島の神社にも行き、劇団ペリカンの事もお祈りさせて頂きました。
そこでたまたまお会いしたのが、民宿くにひろのご夫妻です。
とても優しく色々とお話をさせて頂き思い出深い1日になりました。

なぜ今頃、投稿したかと言いますと
先日、電車を降りる時にPASMOの残高が1117円でした。
あっ劇団ペリカンのアドレスだと思いメールを丁寧に確認しました。
見落としていたメールがあり、それが民宿くにひろご夫妻からのメールでした。自分のミスで大変失礼しましたが気付けて助かりました。

祝島ホームページです。
http://www.iwaishima.jp/
日々の忙しい生活の中で大切な事を忘れてしまう事があります。
祝島にまた行きたいです!!
船で帰る時、船内からみえた波がずっと記憶に残っています。
みた瞬間ゾワッとしました。何と表現したらいいのか僕には「生きる」を強烈に感じました。
d0234648_17182411.jpg
d0234648_17191467.jpg
d0234648_17193341.jpg
d0234648_17202413.jpg

[PR]
by nanbu-tetsuya | 2016-03-13 22:17